介護福祉士らくらく合格勉強法 三島茂人 対策 口コミ

介護福祉士らくらく合格勉強法を体験※三島茂人の対策とは

介護福祉士らくらく合格勉強法を体験

 

このサイトは、三島茂人 さんの合格率90%の問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格する介護福祉士らくらく合格勉強法の対策を体験談を交えて紹介しています。

 

介護福祉国家試験は、年1回行われ、例年1月下旬に実施されますが、資格取得には、自分に合う学習方法で、本試験日までに十分に合格できる実力をつけることが必要です。
当然、受験者によって状況は異なり、働きながらだったりと忙しくて思うように勉強時間がとれないという人も多いと思います。

 

いずれにしても、モチベーションを保って、効率よく、最短時間で最少の費用で受験勉強出来るのが理想だと思います。
ということで、1度試験に落ちた経験がある私が、介護福祉士らくらく合格勉強法についてまとめてみましたの参考にしてくださいね。(*^▽^*)

 

>>介護福祉士らくらく合格勉強法を公式サイトで今すぐチェツクする<<

 

 

介護福祉士試験で独学で合格(体験談)

はじめまして、ヒロミといいます。私はもともと商業高校の出身で、福祉とは縁がありませんでした。
介護に興味をもったのは、両親の祖母の介護を見たことです。小学生だった私は祖母が大好きで自分でも何が出来ることはないかと思いながらも、介護は大変そうという矛盾した気持ちもありました。

独学

 

 

そして、高校3年生の時に、課題で高齢者のディサービスへボランティアに行ったことがきっかけで福祉の仕事がしたいと思うようになりました。
その後、特別養護老人ホームで働いていましたが、27歳で結婚し、現在6歳になる娘がいます。

 

 

以前からはやく介護福祉士の資格を取りたいと思っていたのですが、仕事や子育て、家事の合間など一日にわずかな時間しかとれず、一度試験に落ちてしまいました。(>_<)

 

 

その時の経験から、過去問や教科書の要約などの正しい教材を選んで、必要性の高い内容を集中的にやることが大切なのかなと思いました。
そんな時に出会ったのが、三島茂人 さんの14日間で合格する介護福祉士らくらく合格勉強法でした。

 

 

最初は、本当に1冊の問題集だけで合格出来るのか半信半疑でしたが、私でも合格することが出来ました。
だから、あなたの今の悩みも解決のきっかけになる筈です。

 

 

実際に私がやったのは、仕事のある日は、通勤電車の中や訪問の移動の合間など、仕事や家事の合間に暗記物を覚えたり、休みの日は、じっくり理解することが必要な内容を行ったりしました。

 

 

学習の意欲さえあれば、独学が最短時間で最少の費用で合格できる最良の方法ではないかと思います。

 

介護福祉士試験の勉強の仕方

私のように介護福祉士試験の受験者の多くは働きながら資格取得を目指す人が多いと思います。
そうなると勉強時間の確保がなかなか難しいのではないでしょうか。
限られた時間で如何に効率よく学習して、記憶の定着をはかるかが短期間で合格するポイントになります。

 

介護福祉士試験

 

介護福祉士受験用の基本テキストは、全15巻で全部で4600ページ以上ありますから、どのように学習していったらよいか迷っている方は、実際に私がやった三島茂人 さんの介護福祉士らくらく合格勉強法を使った学習方法を紹介しますね。

 

 

まず、試験日まで残りの日数にも状況にも変わりますが、第一段階としては介護福祉士試験の全体のイメージを掴みます。
どのような問題が、どのような形で出題されているかまずチェックします。

 

 

自分の実力からして難易度はどうか、何点で合格できそうか、このようなことは、最初に把握しておく必要があります。
ただ、最初からじっくり読む必要はなく、目についたところや気になるところだけ少しずつ読んでみてください。

 

 

最低、3,4回ぱらぱらと読んでイメージを掴むことで、合格するために何が必要なのか、合格するには何をしなければいけないのか何となく分かってくると思います。
試験での得点配分は、1問1点なので、出題数の多い科目を重点的にやるとか、いろいろ見えてきます。

 

 

その後は過去問をとおしてやってみます。
最初は、全然できなくても気にしないでください。とにかく一通り問題を3回くらい解いてみます。
間違ったり、正解しても理由が説明出来ない場合は解説を読んで確認します。分からなければテキストなどで調べるようにしますが、あまり几帳面にやる必要はなく、どんどん前に進めるようにしていきましょう。

 

 

これによって問題のイメージも掴めてくる筈です。
問題集を解いて自分の弱点が分かってきたら、それを重点的に行い克服していきます。
範囲を広げるのではなく、なるべく範囲を絞って行い、暗記が必要な科目を強化していきます。

 

 

そして、最後に本番試験と同じようにマークシート方式の模擬問題を解いてみるといいです。
一問あたりにかけられる時間は限られているので、どのくらいの時間かけれるか掴んでおくといいですね。

 

勉強が嫌い、時間がない人の勉強法

私もそうでしたが、試験勉強の苦手な人ほど、はじめに基礎、それから応用をやらないといけないと考え、多くの参考書に手をつけ、途中で挫折してしまう人が多いのではないかと思います。

 

 

ですが、合格した人で全てのテキストや参考書の内容を端から端まで丁寧に読んだ人は殆どいません。
介護福祉士試験に合格する為には、全て学習する必要はなく、出そうなところだけを絞ってやったほうが効率的です。

 

 

言いかえれば、不必要なところはやらないということです。勉強のモチベーションというのは無限に続かないので、なるべく効率的に学習していかないと、試験勉強が無駄に終わってしまいます。
これは、私が一度試験に落ちたからこそ実感していることなんです。

 

 

その為には、捨てる学習も必要です。
特に仕事や家事、育児などが忙しく時間がない人はこうした意識が欠かせません。

 

介護福祉士らくらく合格勉強法で最短で合格

介護福祉士らくらく合格勉強法で合格

 

そいった意味でも、この介護福祉士らくらく合格勉強法は最適です。
何故なら、この三島茂人さんの介護福祉士らくらく合格勉強法は、私だけじゃなく既に実践した多くの人が年齢性別に関係なく短期間で受かっており、合格率90パーセントの実績を出した勉強法だからです。

 

<3大特徴>
@1冊の問題集を使い14日間で合格が可能になる勉強法
Aすべての資格試験に有効な一般では知ることが出来ない記憶の定着を図る方法
B年齢、性別、一切関係なし。30日間のメールサポート付きだから安心して取り組める
※万が一合格できなかったら、1年間延長(回数無制限)

 

 

おすすめの問題集などが紹介されてあり、過去問には、問題の出題傾向が書かれていますし、やりやすさや見やすさも勉強の効率に大きく左右するので、問題集の選び方も非常に大切になってきます。

 

 

介護福祉士試験は、一般常識で解ける問題もなかにはありますが、介護保険や生活保護、年金制度をはじめとした社会保障に関する内容だったり、認知症や体の障害・仕組み、医療的ケアなどの医学的な知識を問われる問題も多くあります。

 

 

なので、法制度や様々な障害や疾病など専門的な内容も要点を押さえて繰り返し学習し、過去問などで、その都度自分の理解度をチェックしておくことも欠かせません。
そうしたことから、この介護福祉士らくらく合格勉強法で記憶を定着させる方法や難問や事例問題などの解き方などのコツも知っておくといいでしょう。

 

 

合格基準は、約6割なので、この介護福祉士らくらく合格勉強法で暗記の具体的な方法から解き方などテクニックもわかりますし、現場で従事しているような方なら常識をどのように働かせるかについてもわかると思いますよ。

 

 

もちろん、どのように勉強したらいいのかについても教材(マニュアル)に書かれていますので、無駄な学習はやめて、得点が確実に取れるような効率の良い勉強方法を選択することで、短期間でも合格に繋がるのではないかと思います。('ω')ノ

 

>>介護福祉士らくらく合格勉強法を公式サイトで詳しく見てみる<<

 

介護福祉士らくらく合格勉強法のデメリット

介護福祉士らくらく合格勉強法のデメリット

 

そうは言っても、世の中には誰もが満足する商品やサービスはありません。

 

三島茂人さん監修の介護福祉士らくらく合格勉強法も同様に何かしらの一長一短があります。

 

この介護福祉士らくらく合格勉強法のデメリットは、ヒューマンアカデミーやユーキャン、ニチイなどの大手資格の通学や通信講座に比べて知名度が低いことかもしれません。

 

 

そんなこともあり、本当に「介護福祉士に本当に合格できるのかねぇ」「一人で本当に続けられるか不安…」「騙されたくない」と不安に思っている人もいるかもしれません。

 

確かにテキストなど教材内容に関しては、資格取得大手の通学や通信講座のほうが優れています。

 

ですが、忙しい方や尻に火がついてからじゃないとややる気が起こらない、お金をあまりかけずに短期間で実力をつけて、最短で合格したい方にとっては、三島さんの30日間のメールサポートや、万が一合格できなかった場合は メールサポートを1年間延長(回数無制限)もあるなど、知名度はないかもしれませんが、勉強方法やきめ細やかな対応はどこにも負けないと思います。

 

介護福祉士らくらく合格勉強法のメリット

介護福祉士らくらく合格勉強法のメリット

 

続いて、私なりに介護福祉士らくらく合格勉強法のメリットを挙げてみます。

 

●暗記が苦手な人に適した短期間(最短2週間)で合格が目指せる勉強法が身につく
●無駄な参考書や問題集を買わないですむ。
●長時間の努力を必要としない
●三島さんの30日間の個別メールサポートがある
●焦ることなく試験当日に臨める
●費用をかけることなく最短で介護福祉士に合格できる
●試験に落ちて、何度も受験料(15,300円)を払う必要がなくなる
●本試験でケアレスミスをしないで済む
●一人だけ不合格といったみじめな思いをしないで済む
●社会福祉など、どの資格、試験勉強にも取り入れられる勉強法
●今後、通信講座や高額な教材を買わないで良くなる
●資格がないことで悔しい思いをいなくて済む

 

介護福祉士らくらく合格勉強法の口コミ

実際、三島茂人さん監修の介護福祉士らくらく合格勉強法を実践された方からこのような喜びの声が届いています。

 

おかげさまで、今回らくらく勉強法で無事合格する事が出来ました(*^▽^*)
僕がこの勉強方法と出会ったのは試験日の19日前で、それまでは某通信教育の教材で勉強していたのですが、何冊もある分厚い教材なので、勉強意欲が続かず、気がついたら試験日まであと1ヶ月で、残りの教科書も5冊あったことから、諦めて投げ出してしまいました。
でも、さすがに試験日まで20日を切ると焦ってきて、もっと効率よく合格できる方法はないかと検索してみると三島さんのらくらく勉強法を知り、藁にもすがる想いでそく購入しました。(笑)
おすすめの問題集を購入して、残りの16日間集中して取り掛かりCDも通勤中に何回も聴きました。実際試験中手応えはなくて、無理かと思っていたんですが速報解答で採点すると86点!
これもらくらく勉強法のおかげです!ありがとうございました(*^▽^*)

 

私は家事と介護の仕事をしている中で、1発で合格できました。
何十年かぶりの勉強なので、どうやって学習していいかわからないとき、この介護福祉士らくらくの勉強法を知り、やってみました。
はじめは問題集でもなく、参考書でもなく、通信教育でもないのでどうしたものかと思っていましたが、読んでみて納得、1週間くらいやってみると物覚えの悪い私でもするする内容が入ってきました。
私の場合は45日前くらいから始めて1時間半から2時間の勉強を毎日やりました。
本当にお勧め問題集1冊だけ使って、教材のマニュアル通りに勉強をすすめただけで合格できるとは思ってもみませんでした。(^-^;
実技試験も私は受けたのですが、その際の実技試験対策レポートもとても役にたちました。
レポートには時間はあまり気にしないこと、間違ったら、正直にいいなさいと、書いてありました。
患側と健側を間違えたのですが、レポートに書かれていた通り、「間違えましたので、やり直します」と言いました。それに、時間も足りなかったので、正直不合格だと思っていました。
実技試験の参考書やホームページにも載っていないことなど、たくさん書かれていたので、とても参考になりました♪

 

三島茂人さんの介護福祉士らくらく合格勉強法の口コミを見ると良い口コミには、「仕事と家事の両立の中で一発で合格できた」「わかりやすく無理なく実戦できる」「自信が持てました」といったようなことが書かれていました。

 

私も同じような気持ちになりました。

 

逆に悪い口コミはほとんど見当たりませんでしたが、マニュアルに沿って取り組まないと当然思ったほどの効果が期待できません。

 

 

買っただけで満足してしまい真剣に取り組まない人はお金と時間の無駄になりかねないので、購入はやめておいたほうがいいかもしれません。

 

まとめ

介護福祉士らくらく合格勉強法を体験まとめ

 

三島茂人さん監修の介護福祉士らくらく合格勉強法を今からでもマニュアルに沿って取り組めば、暗記などの勉強に苦手意識がある人でも、短期間(最短14日)で合格することが期待できます。

 

何故なら、あくまで費用をかけずに特別頭が良くなくても短期間で合格可能という、実績のある勉強法が身につくからです。

 

もちろん、短期間(2週間)で介護福祉士に合格するには、1日30分とか1時間ではさずかに難しいです。

 

 

個人差はありますが、2時間以上の勉強時間の確保が必要になると思います。
ですが、マニュアルに沿ってやるので、迷うことなく取り組みやすいです。

 

その結果、あなたは日頃のストレスが吹っ飛んでしまうほどの喜びを手にすることができます。

 

同じ時間の労力をかけても、勉強方法が違うだけで記憶の定着化が2倍3倍にもなるのですから、その効果ははかりしれません。

 

 

あなたが今からでも介護福祉士らくらく合格勉強法を取り組むだけで結果に大きな変化があります。

 

マニュアルに沿って勉強しただけで、某通信教育の何冊もある分厚い教材でやる気が追い付かず、本試験まで1ヶ月を切ってしまった40代男性が、16日で介護福祉士試験に合格できたり、時間的な都合や自分の能力等を言い訳に毎年諦めていた福祉の仕事に携わって15年の女性が一発で合格できるなど、結果を出す人は多くいますので、介護福祉士らくらく合格勉強法だけでも十分な効果が期待できます。

 

圧倒的時間短縮をしながら介護福祉士試験に合格することができるようになるということです。

 

 

「長期間の努力はしたくない」
「できればラクに1回で介護福祉士試験に合格したい」
「あまりお金をかけたくない」

 

というのは誰もが思うことですよね。

 

年齢や性別、能力に関係なく「やれば、できるんだ」ということを知って欲しいです。

 

 

尻に火がついた今からでは遅いとか、物覚えが悪いとか、時間的余裕や頭の良し悪しなどを言い訳にして諦める前に、早速、いま、介護福祉士らくらく合格勉強法を始めてみませんか?

 

今回ご紹介した介護福祉士試験の合格を短期間で目指せる方法はこちら

 

\今なら定価からさらに2,000円引き(最安値)!/

≫介護福祉士らくらく合格勉強法の詳細はコチラ(音声CD付)

 

更新履歴
page top